2022年試験に向けた受験書制作記(その1)

公開日:2021/10/05/最終更新日:2021/10/07

編集部Fです。
10月10日(日)に今年の一級建築士製図試験が控えていますね。
今年は学科試験の合格率が大きく下がり、悔しい思いをされた方が少なくないと思いますが、
努力が実り合格された皆さん、長く製図試験に向けて準備されてきた皆さん、
是非力を尽くしていただければと思います。

さて、そんななか編集部内では来年度試験用の受験書制作が本格化してきました。
現在制作中の受験書ラインナップを紹介します。

 

  • New!『第四版 一級建築士合格戦略 法規のウラ指導』
  • New!一級建築士試験出題キーワード別問題集 2022年度版』
  • New!二級建築士試験出題キーワード別問題集 2022年度版』
  • New!『スタンダード 一級建築士 2022年版』
  • New!『スタンダード 二級建築士 2022年版』

 

まだまだ校正やページ調整を行う段階です。
なんとか12月~来年1月に順次出版できるよう作業を進めていて、
来週の販促会議を経て、それぞれの具体的なスケジュールと初版部数が決まる予定です。

受験書の校正紙は分厚い。特大サイズのクリップ1個じゃまとめられないので2冊に分ける。

ちなみに学芸出版社では建築士試験をはじめ、技術士、建築設備士などの試験対策本を出版しています。
受験書情報&試験情報は「合格への扉」にまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

「合格への扉|建築関連資格の情報&おすすめの受験対策書籍」

 

また、具体的な予約開始日・発売日のご案内は、
学芸出版社のメールマガジン「gakugei newsletter」でお知らせしております。
是非ご登録いただき、チェックいただければ幸いです。

▶メルマガ登録はこちら

記事をシェアする