密集市街地の防災と住環境整備
実践にみる15の処方箋


UR密集市街地整備検討会 編著



大串幸子

A5判・288頁・定価 本体2700円+税
ISBN978-4-7615-2657-3
2017/11/01

■■内容紹介■■
ひとたび火災や地震が起これば脆弱さが露呈する密集市街地。日常を快適に暮らしつつも、災害で生存を危ぶまれることのない都市の再編に向けて、UR都市機構が取り組んだ15の事業手法を総覧。道路拡幅や共同化、防災公園整備、住民の生活再建策や合意形成手法、自律更新の誘発まで。35年に及ぶ多様な課題解決へのアプローチ。

 





■ 参加者募集中 ■



密集市街地再生フォーラム2017
密集市街地の防災と住環境
2017年11月21日(火) │ イイノホール













COUNTER: 139
GCODE:5532 | --