カラー版 図説 デザインの歴史


暮沢剛巳・伊藤潤・山本政幸・天内大樹・高橋裕行 著

内容紹介

図版450点見開きカラービジュアルの決定版

産業革命以後のデザイン史の変遷について、アーツ・アンド・クラフツ運動やアール・ヌーヴォーの時代から、ポストモダニズム、現代的なテーマまで網羅する決定版のデザイン史教科書。図版450点以上を掲載し、見開きスタイルのカラービジュアルでまとめた決定版教科書。デザイナー、初学者、学生必携書。流れがわかる年表付。

体 裁 B5変・124頁・定価 本体2800円+税
ISBN 978-4-7615-2834-8
発行日 2022-09-25
装 丁 KOTO DESIGN Inc. 山本剛史

本書の採用検討用見本のご請求はこちらから

紙面見本試し読み目次著者紹介はじめに関連ニュースレクチャー動画関連イベント電子版採用特典教材

sample01

sample02


このコンテンツにアクセスするには、まち座プラス会員としてのご登録が必要です。
新規登録いただくか、登録がお済みの場合はログインしてください

ログイン

新規登録

デザインとは何か──はじめに
デザイン史を学ぶために

第1部 アーツ・アンド・クラフツ運動

01 近代デザインの源流
02 アーツ・アンド・クラフツ運動
03 プライベート・プレス運動とその後継者たち
04 19世紀の印刷技術とポスター印刷
コラム1 日本のデザインの源流

第2部 アール・ヌーヴォー

05 鉄とガラスのアール・ヌーヴォー
06 都市と市民層の拡大
07 工芸と装飾の近代
08 ユーゲントシュティルと分離派
09 ドイツ工作連盟
10 アール・ヌーヴォー期のグラフィックデザイン
コラム2 明治時代の動向

第3部 アール・デコ

11 絵画的モダニズムとアール・デコ様式
12 ルネ・ラリックとアール・デコ
13 アメリカのインダストリアル・デザイン
コラム3 日本のアール・デコ

第4部 モダニズムのデザイン

14 バウハウスとその理念
15 イッテンとモホイ=ナジ
16 バウハウスの継承者たち
17 デ・ステイルの理想
18 前衛芸術運動とグラフィックデザイン
19 バウハウスとニュー・タイポグラフィ
20 フランク・ロイド・ライトとル・コルビュジエ
21 統制下のデザイン
コラム4 日本の工業デザイン教育のはじまり

第5部 ミッドセンチュリーのデザイン

22 グッドデザイン・ミッドセンチュリー
23 北欧のデザイン
24 スイス・スタイルと視覚伝達
25 戦後ヨーロッパの工業デザイン
26 ポップとサイケデリック
27 広告・CIデザインとアートディレクション
28 軽くて小さい製品
29 よく遊び、よく学べ
30 オリンピックと万博
コラム5 高度成長期と日本のデザイン

第6部 ポストモダン以降

31 ソットサスと倉俣史朗
32 脱構築と襞
33 生活領域横断型ブランド
34 マーケティングとPR
35 家電──風と熱の利用
36 モビリティのデザイン
37 人間工学とユニバーサルデザイン
38 形態は機能に従う?
39 スポーツカジュアル
コラム6 ジャパン・アズ・ナンバーワン

第7部 デジタルデザインと現代的課題

40 アップルとスティーヴ・ジョブス
41 電子時代のグラフィックデザイン
42 インターネットとウェブ
43 地球にやさしく
44 存在しない女たち
コラム7 民藝

図版出典
参考文献
索引
著者略歴
奥付

暮沢 剛巳(くれさわ・たけみ)

東京工科大学デザイン学部 教授。
1966年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程中退。武蔵野美術大学、女子美術大学等の非常勤講師を経て、2010年に東京工科大学デザイン学部准教授。2016年より現職。専門は美術・デザイン研究。主な著書に『ミュージアムの教科書――深化する博物館と美術館』『拡張するキュレーション―価値を生み出す技術』『オリンピックと万博―――巨大イベントのデザイン史』等多数、共著に『大阪万博が演出した未来――前衛芸術の想像力とその時代』『幻の万博――紀元二千六百年をめぐる博覧会のポリティクス』等多数。

伊藤 潤(いとう・じゅん)

東京都立産業技術大学院大学産業技術研究科准教授。同産業デザイン研究所長。博士(工学)。
1977年生まれ。東京大学農学部卒、東京大学大学院農学生命科学研究科修了、東京大学工学部建築学科卒、千葉大学大学院自然科学研究科デザイン専攻修了、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士後期課程修了。インハウスデザイナー、静岡大学電子工学研究所客員准教授を経て2021年より現職。専門は20世紀の日本の工業製品。GOOD DESIGN、reddot design award “best of the best”、iFデザイン賞、グッドデザイン賞特別賞、新・現代日本のデザイン100選等国内外の受賞多数。

山本 政幸(やまもと・まさゆき)

岐阜大学教育学部 教授。
1967年生まれ。筑波大学大学院芸術学研究科博士課程中退。博士(デザイン学)。兵庫教育大学助教授、多摩美術大学准教授、岐阜大学教育学部准教授を経て2020年より現職。専門はデザイン学、タイポグラフィ論。共著書に『視覚文化とデザイン─メディア、リソース、アーカイヴズ』、監修に『ポール・ランド:デザイナーの芸術』、論文に「『ネオ・グロット』とスイス・スタイルの受容─一九六〇年代日本におけるモダン・タイポグラフィの展開」(『ユリイカ・特集=書体の世界─書・活字・フォント─』)など。

天内 大樹(あまない・だいき)

静岡文化芸術大学デザイン学部 准教授。
1980年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程中退。博士(文学)。日本学術振興会特別研究員、東京理科大学PD研究員を経て、2014年より静岡文化芸術大学デザイン学部講師、2018年より現職。美学芸術学/建築思想史、デザイン史・デザイン論。共著書に『分離派建築会──日本のモダニズム建築誕生』『博覧会絵はがきとその時代』ほか、訳書に『帝国日本の生活文化』、共訳書に『白い壁、デザイナードレス──近代建築のファッション化』『図鑑デザイン全史』ほか。

高橋 裕行(たかはし・ひろゆき)

フリーランスのキュレーター
1975年生まれ。多摩美術大学非常勤講師。慶應義塾大学環境情報学部卒、岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)卒。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科助手、SKIPシティ映像ミュージアムキュレーターを経て現職。創造性、テクノロジー、社会の接点をテーマに活動している。主な企画展に「あそびイノベーション展」(北九州イノベーションギャラリー)、「動き出す色の世界」「影のイマジネーション~星降る夜の魔法使い~展」(SKIPシティ映像ミュージアム)などがある。主な著書に『コミュニケーションのデザイン史』(フィルムアート社、2015)、共著に『グラフィックデザイン・ブックガイド』(グラフィック社、2022)がある。

デザイン史を学ぶために

多くの大学や短大、専門学校では「デザイン史」という科目が開講されている。本書はその授業で活用してもらうことを目的とした教科書として編纂されたものである。
今日の日本の教育現場では、デザイン教育は2つのアプローチに大別される。1つは美術学校におけるデザイン教育で、ここではデザインは絵画や彫刻と同じく美術の一部門としてカテゴライズされている。もう1つが工学校におけるデザイン教育で、ここではデザインはエンジニアリングやテクノロジーの一環として組み込まれている。当然、「デザイン史」も各々のカリキュラムに適合した形で組み込まれており、前者と後者では、教員の意識も学生の意識も違っているはずだが、本書はそのどちらのアプローチにも対応可能な汎用性の高い書物として設計されている。
もちろん、デザインを専攻する学生のための専門科目としてではなく、全学教育のための一科目として「デザイン史」が開講されている学校も多々あるだろう。この場合、多くの学生は教養科目の1つとして比較的気軽な気持ちで授業を受講するはずだが、本書はそうした学生にも大いに有益な間口の広い、敷居の低い書物としても設計されている。
本書は、デザインを専門とする5人の研究者の共著として成立した。各々の専門や関心は異なるものの、われわれは頻繁に担当編集者を交えてオンラインでの打ち合わせを繰り返し、問題意識の共有を図りつつ、デザインをめぐる集合知の結集を目指してきた。初学者のための入門書として企画されたものであるが、その枠を超えて、デザインに関心を持つ多くの読者に「刺さる」だけの内容があると自負している。
もちろん、「教科書」である以上、「定説」の平明な記述を心がけたことは当然だが、特に近年のデザインに関しては、SDGs等の喫緊のテーマも積極的に取り上げるようにした。内容に関しては、グラフィック、プロダクト、スペース等各分野のデザインをバランスよく取り上げることに留意し、またどのようなトピックを取り上げるかについては、著者間で討議を繰り返した。理解を促すため各章節には豊富な図版を採録し、また各章末には同時代の日本のデザインの理解を促すためのコラムを採録した。年表も、理解の一助としてぜひ参照してほしい。
デザイン史は美術史、技術史、文化史などの様々な側面を持つ歴史であり、学校の教室はもちろん、社会の様々な現場でも学ぶだけの価値がある。本書を通じて、その魅力の一端に触れてもらえれば、著者として望外の幸福である。

著者を代表して 暮沢剛巳

開催が決まり次第、お知らせします。

本書は電子版も発行しております。大学・専門学校等の教科書、もしくは研修等のテキストとしてのご採用をご検討の場合は、こちらをご覧ください。

本書は、教科書としてご採用くださった方に、著作権者様のご了解のもと、以下のデータを特典としてご提供いたしております。
☆ここに特典内容☆
お問い合わせはこちらをご覧ください。

建築・都市・まちづくりの今がわかる
ウェブメディア「まち座」
建築・都市・まちづくりの今がわかるウェブメディア「まち座」
学芸出版社では正社員を募集しています
学芸出版社 正社員募集のお知らせ