都市論の脱構築
大久保昌一 著

基軸思想の転換を説く大久保都市論の集大成



no.988
装丁 上野 かおる
  • A5判・上製・432頁・4800円+税
  • 2002.12.15
  • ISBN4-7615-4069-9

    ■■内容紹介■■
    生産を重視した画一的近代主義は、前世紀後半に破綻し、時代潮流は分化から統合へ、対立から共生へ、機械論から生命論へと大きく転換した。そのなかで変革が迫られた近代都市像と都市計画を、都市の安全、個性と文化、学術研究機能など多角的に論じ、都鄙共生構造の構築による都市再生の方向性を示した大久保都市論の集大成。




『地域開発』 2003.10
『地方自治職員研修』 2003.2
『計画行政』 2003.3






(COUNT: 2395) (2002.12.17〜)