飛躍する構造デザイン

カバーイメージ
装丁 奥野章



◆渡辺邦夫 著
◆A5判・176頁・2200円+税
◆2002/9/20
◆ISBN4-7615-2293-3
■■内容紹介■■ 
構造デザインとは、構造のあり方をそのまま建築表現にすることによって、構造がつくり出す美しい空間のプロポーション・躍動感・緊張感、そしてすぐれた居住性を実現する構造計画の手法である。本書は、建築構造界の第一人者が「構造デザイン」とは何か、その考え方や手法と近年の代表作品への取組みを語った待望の書である。






        『建築文化』 2003.6
『建築士』 2003.3
『建築士事務所』 2002.11
『建設通信新聞』 2002.11.19
『建築知識』 2002.11
『新建築』 2002.11
『新建築住宅特集』 2002.11
『防水ジャーナル』 2002.10
『省エネルギー』 2002.10







あなたは(COUNT: 11477) 人目(2002.9.12〜)の訪問者です。