環境と都市のデザイン

表層を超える試み・参加と景観の交点から

齋藤 潮・土肥真人 編著、
柴田久・田中尚人・上島顕司・永橋為介 著


装丁 小林 元

A5判・192頁・定価 本体2200円+税
2004.11.10発行
ISBN4-7615-2346-8

■■内容紹介■■
土木系景観デザインの分野でも市民参加が益々重要とされ、ワークショップもさかんだが、そのデザインの質に問題を指摘する専門家は少なくない。〈市民性〉〈環境=風景〉の概念を軸に、景観論と参加、双方の研究者・実務者が多様な視点で都市デザインの質を捉え直し、景観法を見据えたまちづくりの新しい評価軸を打ち出す。


『新建築』2005.1
『庭』 No.162







(COUNT: 3412) (2004.11.5〜)