建築の保存デザイン

豊かに使い続けるための理念と実践

田原 幸夫著



装丁 上野かおる

A5判・224頁・2500円+税
2003.6.20発行
ISBN4-7615-2316-6

■■内容紹介■■
文化財としての凍結保存から、より新しい時代の身近な建物を再生・活用する動きの加速化、時代と文化による多様性と真実性を踏まえた取組み、地球環境問題を背景にした社会的ストックとしての位置付け。これら建築保存の今日的潮流、歴史的理念をおさえつつ、国内外の魅力的な再生活用事例からそのデザイン手法を読み解く



『室内』 2003.8
『建設通信新聞』 2003.6.25







(COUNT: 2935) (2003.6.5〜)