“イングリッシュガーデン”の源流

ミス・ジーキルの花の庭

no.193
装丁 上野かおる



  • 宮前保子 著
  • 四六・192(カラー16)頁・2200円+税
  • 2001/11/20
  • ISBN4-7615-2272-0
■■内容紹介■■ 19世紀末にそれまでの庭園のアンチテーゼとして登場した「イングリッシュガーデン」。今日のガーデニングの源流をなすこの庭の生みの親である女性造園家の人物像、自然観、庭園デザインを通して、ガーデニングのルーツをひもとく。造園の現代化に貢献し、今なお多くの造園家のお手本となっている彼女の庭づくりの魅力に迫る。




おすすめの一冊へ
ガートルード・ジーキルについて 『地域開発』 2002.11
『建築士事務所』 2002.2
『庭』 No.143






 あなたは(COUNT: 142) 人目(2001.11.16〜)の訪問者です。