Gロゴ

木と日本人

木の系譜と生かし方

no186
装丁 大杉泰正



■■内容紹介■■ 古来より日本人は木とともに暮らし、その恩恵をうけてきた。万葉集や古事記をはじめ、日本文学においても木や花に想いを託したものが数多くみられる。本書は日本人にとってなじみのある木を中心に、木にまつわる数々のエピソードを樹種ごとにまとめるとともに、樹形や葉の特徴、材の利用法などあらゆる角度から語っている。

■■詳細情報■■
もくじ
まえがき
著者略歴
書  評
 『民家』(日本民家再生リサイクル協会) 2001.9



beimatu enju




 あなたは(COUNT: 200) 人目(2001.5.22〜)の訪問者です。



ご注文はこちらへ

学芸出版社/gakugei

| 図書目録ページへ | 学芸出版社ホームへ |