有馬孝禮著


装丁 上野かおる

四六判・224頁・定価 本体2000円+税
ISBN978-4-7615-2458-6
2009.4.30 初版発行

■■内容紹介■■
我々は、古来より建築の資材として木を使っている。木材は心地よい空間をつくる反面、強度や品質のバラツキ等が使いにくさにもなっている。木には、特性を活かしたつきあい方があるはずだ。基本データから本来の性質を探るとともに、木材の規格・品質表示や新技術を紹介。また、CO2削減に貢献する木の建築の普及を提案する。









(COUNT: 1429) (2009.4.17〜)