Gロゴ

協働のデザイン

パートナーシップを拓く仕組みづくり、人づくり

no.954
装丁 上野かおる



■■内容紹介■■ 現代では、市民・NPO・行政が協働してパートナーシップを結び、分担して公共を担ってゆく必要がある。そこで、その仕組みやルールとして、支援条例、支援センター、委託と補助、公益信託の活用法、NPO評価方法など、また、それらを具体化させる人材として、協働コーディネーターやNPO起業家、スタッフの養成を解説した。
■■主要目次■■ 第1章 世間型社会から市民型社会へ/第2章 市民参加と協働/第3章 自治体とNPOの協働の課題/第4章 自治体とNPOの協働を促進する仕組みと方策/第5章 協働をすすめる評価システム/第6章 協働コーディネーターの役割と養成/第7章 コミュニティ・ビジネスとしてのNPOの起業と人材養成
■■詳細情報■■
もくじ
序にかえて
おわりに
著者略歴
書  評
 『地域開発』 2001.10
 『ガバナンス』  2001.6
 『建築とまちづくり』  2001.8







 あなたは(COUNT: 3648) 人目(2001.2.20〜)の訪問者です。



ご注文はこちらへ

学芸出版社/gakugei

| 図書目録ページへ | 学芸出版社ホームへ |