成功する自転車まちづくり
政策と計画のポイント

古倉 宗治(こくら むねはる)
1950年生まれ。
1974年東京大学卒業。建設省、東京工業大学助教授、(財)民間都市開発推進機構都市研究センター、(財)土地総合研究所等を経て、2008年から鰹Z信基礎研究所研究理事。京都大学大学院客員教授(公共政策大学院及び同法科大学院)麗澤大学経済学部その他の講師。国土交通省「都市交通としての自転車利活用推進研究会」、奈良県「奈良県自転車利用促進方策検討委員会」、宇都宮市「自転車のまち推進計画策定懇談会」等の委員。
自転車の総合的体系的な利用促進策、放置問題や自転車の交通政策などのほか、街づくりに関する法制的な規制、都市環境における環境共生のあり方、景観、土壌汚染など都市計画・都市環境分野で調査研究を実施。2004年に、自転車のソフト面の利用促進策に関する研究で学位(博士(工学))を取得。
著書に『欧米先進国にみる自転車政策の高度な取組み』(サイカパーキング梶j、『自転車先進国における新たな自転車政策の展開』(サイカパーキング梶j、『自転車利用促進のためのソフト施策』(ぎょうせい)、『自転車市民権宣言』(リサイクル文化社・共著)、『自転車交通の計画とデザイン』(地域科学研究会・共著)などがある。
専門は、内外の自転車政策・自転車計画、都市公共政策(まちづくり法制、都市計画法制度、都市環境)など。