ガラスの建築学

光と熱と快適環境の知識

日本建築学会 著


装丁 奥野章

A5判・224ページ・定価 本体2500円+税
2004.1発行
ISBN4-7615-2329-8

■■内容紹介■■
ガラスやサッシュの価格低下、開口部の大きな建築の流行により、内装をはじめ外壁にまでガラスを使用する建築が増加し注目を集めている。製造と加工・構法・光と熱の制御と省エネルギー・断熱と結露・メンテナンス・リサイクル・関連法規・寸法規格など、ガラス素材の魅力と新技術の基本的知識を、余すところなく解説した。


『建設通信新聞』2004. 4.7
『新建築』2004.3







(COUNT: 2745) (2003.12.25〜)