重文民家と生きる

 

装丁 古都デザイン



    全国重文民家の集い 編著

    四六判・240頁・1800円+税

    2003/4/30 発行

    ISBN4-7615-1180-X

■■内容紹介■■
1937年に第一号が指定されて以来現在まで、日本中に点在する重要
文化財民家の数、約350軒。その一軒一軒に、厳しい風土や長い歴史
を生きてきた人たちの暮らしが刻まれている。維持保存や活用をめ
ぐって、時に苦悩し、それでもなお愛おしみながら民家とともに生
きる住み手たちが今初めて、そのたたずまいと豊かな文化を綴る。
 

■■詳細情報■■
全目次
あとがき
著者紹介
書評
 『地方自治職員研修』 2003. 11
 『建築士』 2003. 10
 『CONFORT』 2003. 8
 『建築とまちづくり』 2003. 7
 『室内』 2003. 7
 『學鐙』 2003. 7
 『新建築住宅特集』 2003. 7




 あなたは(COUNT: 2998) 人目(2003.4.22〜)の訪問者です。



ご注文はこちらへ

学芸出版社/gakugei

| 図書目録ページへ | 学芸出版社ホームへ |