建築・都市の仕事と働きかた

技術開発の進展や「働き方改革」の音頭を受け、建築・都市・まちづくりの分野でも、生産性向上やコミュニケーションの円滑化を図るべく実務環境の変革が進んでいます。行政はどのような舵取りを模索し、また現場ではどのような実践が行われているのでしょうか。

ここでは、そうした動きをクイックにまとめたニュースと、知識を深め、広げるために役立つ書籍をご紹介しています。ご意見・ご感想をお寄せいただける方は、専用フォームから投稿をお願いします。

関連ニュース一覧(随時更新中)

公益社団法人土木学会景観・デザイン委員会が主催する「土木学会デザイン賞2022」の募集要項が5月1日に公開された。 同賞は2001年からスタートした、土木構造物や公共的な空間を対象とした顕彰制度。 道路・街路・街並み・広 […]
続きを読む
ロシアの建築家やデザイナー、都市計画家ら6,500人以上が、ロシアによるウクライナ侵攻を非難するオープンレター(公開書簡)に署名し、戦争の即時終結を訴えている。 この公開書簡は、ロシアで刊行されている建築専門雑誌「プロジ […]
続きを読む
日本建設業連合会が、会員企業が受注した各種工事における「建設DX」の適用事例をとりまとめた「建設DX事例集 2022年1月」を公開した。 全91事例について、主にどんな施工プロセスで適用し、さらにどんな機能を使ったかが、 […]
続きを読む
「2040年のライフスタイルが紡ぐまちの姿」アイデアコンペ 都市を取り巻く環境は、大きな転換期を迎えています。デジタルシフトや新モビリティの普及等の技術革新、価値観の多様化がもたらす暮らし方・働き方、家族のカタチ、コミュ […]
続きを読む
独立行政法人国際協力機構(JICA)では、この度、国際協力専門員を公募いたします。 国際協力専門員は、特定分野に関する高度な専門性と充分な国際協力の実務経験、高いリーダーシップやコーチ・調整力、幅広い人的ネットワーク等を […]
続きを読む
2010年以降にカタールで亡くなった南アジア系の移民約6,500名のうち、多くが2022年のカタールワールドカップに向けた建設事業(スタジアム、空港、ホテルなどの建設)に関わっていたことがわかった。 さらにこの6,500 […]
続きを読む
国土交通省は昨年から検討を進めてきたインフラ分野のDX施策をとりまとめ公表した。近年、自然災害等の激甚化によって安全性向上のためのインフラ整備は国を挙げた大きな課題になっている。また、建設業界では将来の人出不足を見据えた […]
続きを読む
国土交通省及び(一社)建設技能人材機構により、「建設技能やコミュニケーションスキルの習得等に関する取組が顕著な外国人就労者」に与えられる優秀外国人建設就労者表彰の対象者が募集されています。 以下、国交省の報道発表資料より […]
続きを読む
国土交通省で、建設現場の生産性を向上させる革新的技術22件が選定された。平成30年度から進められている「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」の一環で、今回選定の対象となった […]
続きを読む
国土交通省は、働き方改革の促進に対応するため令和元年6月に「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が改正されたことを受けて、「働き方改革に配慮した公共建築設計業務委託のためのガイドライン」を新たに作成した。受注者の働き方 […]
続きを読む
新型コロナウイルス禍の建設業界のため、ロンドン市長は、テクノロジーに優れた設計事務所であるBryden Woodと、住宅コンサルであるCastとともに、住宅設計アプリPRiSMをローンチした。 これは、最新のデジタルテク […]
続きを読む
関西の都市計画関連分野で働く女子を中心としたネットワーク、まちと女子(史)の生き方・働き方研究会が「『コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケート』調査結果(速報版)」を公表した。 働き方や気持ちの変化などに関する1 […]
続きを読む
国土交通省は、新型コロナウィルス感染拡大にともなう社会の変化を受けて今後の都市・都市政策のあり方について検討するため、2020年6~7月にかけて、大学関係者を中心に都市再生や都市交通、公園緑地や都市防災のほか、医療、働き […]
続きを読む
特定技能外国人受入事業を実施する(一社)建設技能人材機構(JAC)が、日本国内での就労を希望する外国人と受け入れ企業とのマッチングを開始した。建設分野で求職中の特定技能外国人がJACに求職票を提出すると、無料でJACから […]
続きを読む
国土交通省は、建設工事において適正な工期による請負契約の締結を促すための工期に関する基準を公表・勧告した。改正建設業法で著しく短い工期での請負契約の禁止について規定されたことを受けて、令和元年11月から中央建設業審議会の […]
続きを読む
イギリス政府は今月2日、建設許可を自動化する政策を発表した。同国で建設計画のシステムが改変されるのは、1947年以来のことである。 住宅長官の Robert Jenrick 氏によれば、新たな住宅開発の承認に平均5年はか […]
続きを読む
2019年4月にはじまった新しい在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れについて、建設分野では国内初となる「特定技能1号評価試験」が実施されることになった。7月14日の時点では、18ある試験区分のうち「鉄筋継手」 […]
続きを読む
コロナ禍で考える生き方・働き方に関するアンケートのお願い私たちはこの春、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大というこれまでにない経験を世界と共有しました。 昨日までは想像もしなかった毎日の中で、一人一人が自 […]
続きを読む
若手設計者に向けた製図力向上の5つのtipsが、NYの建築ウェブメディア「Architizer」で紹介されている。この場合の製図(ドローイング)は、一連のプログラミングや設計趣旨が大まか決まった後、部分を検討する際に用い […]
続きを読む
AGC(Associated General Contractors of America)のウェビナーに参加したパネリストによる、アメリカの建設現場へのコメントが公開されている。 Hensel Phelps社の副社長兼 […]
続きを読む
BIMの活用と、仮想空間上に現実の事象を再現する「デジタルツイン」を積極的に推進してきた鹿島建設が、BIM推進モデルプロジェクト「オービック御堂筋ビル新築工事」にて、建物の企画・設計から竣工後の維持管理・運営までの各フェ […]
続きを読む
王立英国建築家協会が1000人の建築家を対象に実施した調査で、イギリス国内の建築家の45%が、新型コロナウイルスの混乱により所得減に陥っていることが判明した。 回答者の約8割がプロジェクトの遅延を明らかにし、3分の1以上 […]
続きを読む
以下、海上保安庁の採用案内より 海上保安庁では、沿岸部や防波堤などに設置している航路標識及び海上保安部などの入居している事務所(庁舎)・職員宿舎等の海上保安施設並びに船艇の係留に必要な桟橋等(以下、「施設等」という。)の […]
続きを読む
  横浜市都市整備局が、都市デザインの専門職員を募集中です。募集締め切りは2018年11月22日(木)です。 これまで以上に都市デザイン活動を進め、市民が愛し誇りとする魅力と活力のある都市をつくるため、主要な公 […]
続きを読む

ご意見・ご感想投稿フォーム

[contact-form-7 404 "Not Found"]

記事をシェアする