🌻 学芸出版社 2019年8月のラインナップ

公開日:2019/08/01/最終更新日:2021/01/12

🌻 学芸出版社 2019年8月のラインナップ

地元を再発見する!
手書き地図のつくり方

手書き地図推進委員会 編著
川村行治・赤津直紀・跡部徹・大内征 著

⏩ まちおこしや地域学習の現場で、誰でも気軽に参加できると密かに人気を集める手書き地図ワークショップ。絵が描けなくても大丈夫!懐かしい思い出、等身大の日常、ウワサ話に空想妄想何でもアリな楽しみ方、きらりと光るまちのキャラクターを見つけるノウハウを豊富な事例で解説。自治体・まちづくり・地域教育関係者必読!

現場写真×矩計図でわかる!
建築断熱リノベーション

柿沼整三 編著
杉本龍彦・植本俊介・長沖充・大村紋子・柿沼雄三 著

⏩ 教科書どおり・図面どおりにはいかない建築の断熱改修を、RC造集合住宅・木造戸建・RC造戸建と3つの実例に即して、豊富な現場写真や矩計図で詳解。断熱を理解するための基礎知識から、改修設計に必須な部分断熱の考え方、現地調査・設計・施工の流れ、改修後の効果測定まで、設計者こそ知っておきたい改修実務の勘所が満載

実測 世界のデザインホテル

寶田陵 著

⏩ 海外50都市、200以上のデザインホテルを訪れた著者のスケッチ集から、41ホテルを厳選、実測図・写真・文章で設計のポイントを解説。ライフスタイルやコンセンプトを間取り、素材、ディテールの隅々に反映させた、最先端の設計をプロの目線がとらえた。“オンリーワンホテル”を目指すホテル事業者、企画・設計者必携の一冊。

なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか

大島芳彦+ブルースタジオ 著

⏩ リノベーション界の開拓者が初めて語る設計手法、待望の単著。資本主義に積み重ねられた物件の山に宝を探し、街とのつながりをとり戻すことで資産の再生・価値の最大化を実現してきた。シェアハウス、SOHO、木賃アパート・団地再生など、数々のプロジェクトから、人と地域と時間を物語としてつなぎ直す手法を解き明かす

SDGs先進都市フライブルク
市民主体の持続可能なまちづくり

中口毅博・熊崎実佳 著

⏩ 環境、エネルギー、技術革新、働きがい、人権、教育、健康……フライブルクではSDGsに関わる市民・企業活動が広がっている。本書では、それらがなぜ個々の活動をこえて地域全体の持続可能性につながっているのかを探り、SDGsを実現するために自治体や企業、市民が考えるべきこと、政策や計画立案、協働・連携のヒントを示す。

🎤 イベント

山納 洋 × 新之介 トークイベント|なぜ僕らは「フツー」のまちを歩くのか ~まちの謎とドラマを読みとく「まちのリテラシー」の高め方~
トークイベント「ローカルエコノミーのつくり方-ミッドサイズの都市から変わる仕事と経済のしくみ」
歩いて読みとく地域経済
世界中に泊まって考えた“オンリーワンホテルの設計術”|寶田陵『実測 世界のデザインホテル』刊行記念トーク(2019/8/28|京都)
大島芳彦×中谷ノボル|『なぜ僕らは今、リノベーションを考えるのか』刊行記念トーク(2019/8/29|京都)

記事をシェアする