🌼学芸出版社 2019年5月のラインナップ

公開日:2019/04/30/最終更新日:2021/01/12

🌼学芸出版社 2019年5月のラインナップ

📖 新刊

『不動産プランナー流建築リノベーション』
岸本 千佳 著
https://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2705-1.htm

設計デザインの前に事業計画のデザインを!空き家活用、移住促進など、地域再生の現場に必要なプロジェクトデザイン。エリア特性を読み込んだシェアアトリエ、観光客ではなく地元住民が立ち寄りたくなる小商い複合施設など、調査・企画から設計・募集・管理・運営まで一貫してマネジメントする気鋭プランナーの提案力に迫る


『ルールメイキング ナイトタイムエコノミーで実践した社会を変える方法論』
齋藤貴弘 著
https://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2706-8.htm

風営法改正、ナイトタイムエコノミー政策を主導した弁護士が実践するルールメイキングの方法論。産業構造の多様化、技術の進化に追いつけない時代遅れの法規制をいかにアップデートするか。共感を呼ぶアジェンダ設定、多様なステークホルダーの連携、政治行政を動かすアプローチ、社会に実装するスキーム構築等の戦略・手法。


『小さな空間から都市をプランニングする』
日本都市計画学会 都市空間のつくり方研究会 編
武田 重昭・佐久間 康富 他編著
https://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2698-6.htm

いま、都市に求められるのは、敷地やエリアに現れた価値を都市全体の魅力へとつなぐためのプランニングだ。16の都市空間における空間的技法と計画的思考の実践から、空間と都市が相互に高め合う関係を読み解き、成長を梃子としていた都市計画を再構築することで、改めて都市の未来に期待を寄せるための10の方法を提案する。



『図解 間取りの処方箋 暮らしから考える住宅設計・改修のポイント』
堀野和人・小山幸子 著 日本建築協会 企画https://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2702-0.htm

玄関・トイレ・LDK・寝室・納戸など、住まいの8つの空間について、実際に人が暮らしていく上で不都合が生じる「お困り間取り」とその改善ポイントを、ユーザーの会話+「設計課長の診察室」という構成で、2色刷イラストを用いて丁寧に解説。各章末には巷に溢れる「チラシの間取り10ポイントチェック」も掲載。

🎤 イベント

[2019年5月15日]
大阪|TOTOテクニカルセンター大阪|仲本尚志・馬渡勝昭・赤澤正治
建築と設備の接点 トラブル予防のツボ
http://www.aaj.or.jp/events/seminar/190515.html

[2019年5月16日]
東京|文京シビックホール|西村幸夫
多様な空間から読み解く都市の構想力
https://book.gakugei-pub.co.jp/…/seminar-190516-nishimura-y…/

[2019年5月17日]
大阪|青山ブックセンター本店|岸本千佳・宇野常寛
不動産で都市はどう編集できるのか?
http://www.aoyamabc.jp/event/city-edit/

🔔 ご案内

学芸出版社がおおくりするウェブマガジン「まち座」では、今日の建築・都市・まちづくりがわかる国内外のニュースやイベントなどの最新情報をお届けしています。
https://buff.ly/2LazLU7

記事をシェアする