このイベントは終了しています

【終了】NPO法人伝統木構造の会 2019年度セミナー(2019/08/31|愛知)

詳細は主催団体等にお問い合わせください。

[概要]
◎開催日時:2019/08/31 13:30~16:30
◎会場: 名古屋工業大学 4号館1F大ホール
◎詳細・申込:
http://bit.ly/2NnzAZu

—–

日時

2019年8月31日(土)13:30~16:30(受付13:00~)

会場

名古屋工業大学 4号館1F大ホール

定員

200名(先着申込順、定員になり次第締切)

参加費

講演会:一般 1,000円(当日現金払い)/学生無料
懇親会:8,000円(講演会参加費とは別に事前振込み)

スケジュール

13:00 会場受付
13:30~14:30「美しい木造アーチ橋を語る」講師:海老﨑粂次氏
14:45~16:00「世界に誇る日本の木造建築の技術」講師:西澤秀和氏
16:00~16:30 質疑応答・ディスカッション
16:30 終了
18:00~21:00 懇親会

※セミナー当日に入り口のロビーにて、西澤英和氏の著書「耐震木造建築の技術の近現代史」をセミナー参加価格で販売いたします。

申込み

http://bit.ly/2ZfJVxT

講師

海老﨑 粂次(えびさき くめつぐ)

1945年山口県岩国生まれ。近畿大学建築学科卒業後、設計事務所に就職。大阪万博パビリオン周辺施設を手がける。その後、郷土に戻り、父に師事。海老崎組を継承。海老崎組は代々、錦帯橋架け替え工事に携わり、2001年の錦帯橋架橋事業では棟梁に抜擢。現在は後継者育成にも取り組んでいる。この度、伝統木構造の会・会長に就任。

西澤 英和(にしざわ ひでかず)

1951年大阪府生まれ。京都大学工学研究科博士課程建築学専攻修了。現在は、関西大学環境都市工学部建築学科教授。鉄骨構造学と耐震工学を主要テーマに、実証的な研究を展開。歴史的建造物の保存修復、社寺建築や煉瓦造の近代建築などの構造強度の評価に関する研究にも力を入れている。

記事をシェアする