建築トラブルにみる常識非常識


荒川治徳 著


装丁 古都デザイン

四六・240頁・定価 本体2200円+税
2004.9.10発行
ISBN4-7615-2348-4

■■内容紹介■■
建築トラブルになりそうなことには常に誤解がつきまとっている。そこから引き起こされる一般人の過敏反応(=非常識)に対して、建築の状況・実情(=常識)を知ってもらう努力をすることが、専門家には求められるのである。一般製造業に比べてローテクな部分も多い建築技術の現実を、ゼネコン出身の筆者がやさしく解説する。


『建築技術』2004.12
『新建築』2004.12
『防水ジャーナル』2004.11







(COUNT: 3146) (2004.9.27〜)