図と模型でわかる木構造

no.297
装丁 上野かおる



■■内容紹介■■ 標準的な在来軸組木造をとりあげ、初めて学ぶ人がやさしく総合的に理解できるように工夫した。まず、平面図を立体図と見比べて空間をつかむ。次に模型をつくりながら立体を体感し、部材の位置関係を理解する。最後に立体図と比べながら順を追って構造図を描くことにより、木構造の基本をマスターできるようになる。模型の型紙も付けた。
●著者のホームページ アトリエ イマージュ


ページ見本:PDFファイル





 あなたは(COUNT: 4716) 人目(2001.10.16〜)の訪問者です。