まちのゲストハウス考




chapter 1 ゲストハウスが始まるまち   片岡八重子

1.1 ことのはじまり。まちの空き家再生

・移住先で出会った新たなライフワーク
・〈あなごのねどこ〉と〈みはらし亭〉:初めての大型空き家再生
まちの居場所を増やすお手伝い

1.2 人とまちとのマッチング

・〈かじこ〉:さまざまな出会いの原点、そして松崎へ
・〈たみ〉:まちの人たちに支えられたゼロからの拠点づくり

1.3 まちを変える頼もしいプレーヤーたち

・〈NAWATE〉:入念なプロセスメイキングとチームづくりが生んだ場所
・宿の外へ。広がり続ける小さな変化


chapter 2 九つのまちのゲストハウス

2.1 そのまちに似合う宿をつくる人たち


1  広島〈あなごのねどこ〉
40mの路地奥で出会う下町風情の後継者たち/豊田雅子

2  長野〈1166バックパッカーズ〉
ご近所さんともてなす門前町の一期一会/飯室織絵

3  岡山(西粟倉)〈あわくら温泉元湯〉
子どももお年寄りも!笑顔が集う山村の温泉宿/井筒もめ


━ column 〈ゲストハウスプレスが探す “日本の旅の、あたらしいかたち”〉
ゲストハウスプレス編集長・西村祐子


4  富山〈ほんまちの家〉
普段着の高岡を伝える。まちなか暮らしに溶け込む宿/加納亮介

5  福井〈SAMMIE'S〉
時間をかけて手でつくる。福井の旬を届ける編集拠点/森岡咲子

6  岡山〈とりいくぐる〉
商店街に佇む、日常と非日常をつなぐ小さな結界/明石健治

7  鳥取〈たみ/Y pub & hostel〉
他者と遭遇する場所を営み続けて気づいたこと/蛇谷りえ


2.2 ゲストハウスのあたらしい役割


8  秋田・香川〈シェアビレッジ〉
コミュニティが古民家を救う!過疎の山村を支える仕組みとしての宿/武田昌大

9  熊本〈山麓園〉・宮城〈架け橋〉
距離を縮める場づくり。復興ボランティア拠点としてのゲストハウス/田中惇敏



chapter 3 暮らしをつなぐゲストハウス   真野洋介

3.1 なぜ彼らのゲストハウスには人が集まるのか

・人と場所の物語を貯蔵する小さな宿
・まちの今を〈考現〉するゲストハウス
・まちの時間と居場所をつなぐ結節点づくり
・地域を支える〈場のビジネス〉を再構築する
・ゆるやかに伝播する変革の波

3.2 滞在の先に続く日常への関心の高まり

・〈暮らしに滞在〉するという宿泊ニーズの変化
・2000年以降のアートシーンに見るゲストハウスの原型
・滞在から日常への展開:ネイバーフッド、コミュニティ、サードプレイス

3.3 マス・インバウンドと対極の小さな流れを掴む

・個人のささやかな物語に次の時代を見出す
・場のビジネスから、小さなイノベーションをエンパワメントする
・二拠点化・流動化が引き起こす地方回帰の機運

3.4 小さな宿から考える、小さなまちの未来

・まちの趣と履歴を伝える器として、空き家を捉え直す
・ゲストハウスにみる日常のリ・デザイン