15 都市・地域の計画

ドイツ・縮小時代の都市デザイン
服部圭郎 著   
人口減少社会を生き抜くドイツの姿勢と政策
アジア・アフリカの都市コミュニティ 「手づくりのまち」の形成論理とエンパワメントの実践
城所哲夫・志摩憲寿・柏﨑梢 編著
フロンティアは、インフォーマルにあった!
都市・地域の持続可能性アセスメント 人口減少時代のプランニングシステム
原科幸彦 編著 小泉秀樹 編著 
総合的、長期的地域づくりの不可欠な手法
白熱講義 これからの日本に都市計画は必要ですか
蓑原 敬 著 藤村 龍至 著 饗庭 伸 著
教科書では学べない、都市計画の矛盾と展望。
近居 少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか
大月敏雄 編著 住総研 編著 
介護や子育て、「家族が地域に住む」時代へ
高さ制限とまちづくり
大澤昭彦 著   
その背景と運用を詳細に示した活用手引き書
地方都市の再生戦略
川上光彦 編著   
都市を次世代に引き継ぐには何をなすべきか
過疎地域の戦略 新たな地域社会づくりの仕組みと技術
谷本圭志 編著 細井由彦 編著 鳥取大学過疎プロジェクト 著
地域社会の仕組みづくりを総合的に提案する
都市・まちづくり学入門
日本都市計画学会関西支部新しい都市計画教程研究会 編   
時代を担う人材養成のための基礎知識と技法
いま、都市をつくる仕事 未来を拓くもうひとつの関わり方
日本都市計画学会関西支部次世代の「都市をつくる仕事」研究会 編著   
魅力的な人たちの都市づくりへのアプローチ
人口減少時代の都市計画 まちづくりの制度と戦略
大西隆 編著   
突きつけられた課題に、いかに応えるか!?
都市計画 根底から見なおし新たな挑戦へ
蓑原 敬 編著/西村幸夫・佐藤 滋 他著
地域の安定と活性化のために何をなすべきか
撤退の農村計画 過疎地域からはじまる戦略的再編
林 直樹・齋藤 晋 編著
計画的な集落移転で、共同体の持続をはかる
人口減少時代における土地利用計画 都市周辺部の持続可能性を探る
川上光彦・浦山益郎・飯田直彦 他編著
開発と縮小、保全のマネジメントを提案する
広域計画と地域の持続可能性
大西隆 編著   
地域主権の時代。広域連携はどうするのか?
地域主権で始まる 本当の都市計画・まちづくり 法制度の抜本改正へ
蓑原敬 著   
機は熟した。根本的変革へ向けた具体的提案
オランダの持続可能な国土・都市づくり 空間計画の歴史と現在
角橋徹也 著
地域環境管理技術と合意形成システムを学ぶ
ニュータウン再生 住環境マネジメントの課題と展望 品切れ
山本茂 著   
オールドタウン化を防ぐ協働のあり方を示す
コンパクトシティ再考 理論的検証から都市像の探求へ 品切れ
玉川英則 編著
混乱する議論を整理し矛盾する諸課題を検証
都市計画はどう変わるか マーケットとコミュニティの葛藤を超えて
小林重敬 著
新たな時代の仕組みづくりと、再生への方途
コンパクトシティの計画とデザイン
海道清信 著
最新動向に探る持続可能な成熟都市への道筋
日本型まちづくりへの転換 ミニ戸建て・細街路の復権
青木仁 著   
真に人間的な街とは?都市計画の常識に挑戦
建築基準法 集団規定の運用と解釈 まちづくりのための 品切れ
柳沢 厚・山島哲夫 編著
時代と地域の要請に応える現場の判断の手引
英国の持続可能な地域づくり パートナーシップとローカリゼーション 品切れ
中島恵理 著/サスティナブル・コミュニティ研究所 企画
コミュニティ主体の協働と地域内の資源循環
第二版 地域共生の都市計画
三村浩史 著
人間と環境が共生するまちづくりのテキスト
逆都市化時代 人口減少期のまちづくり
大西隆 著   
過密・高層化からゆとりと環境共生の時代へ
次世代のアメリカの都市づくり ニューアーバニズムの手法 品切れ
ピーター・カルソープ 著/倉田直道・倉田洋子 訳
持続可能なコミュニティに向けた具体的提案
都市・農村の新しい土地利用戦略 変貌した線引き制度の可能性を探る 品切れ
NPO法人日本都市計画家協会 編著
線引活用で実現する都市と農村の新たな関係
スマートグロース アメリカのサスティナブルな都市圏政策 品切れ
小泉秀樹・西浦定継 編著
多用な公共性を調整する政策システムの構築
日本型都市計画とはなにか
西山康雄 著
成熟期社会日本が辿るべき都市計画像を追究
コンパクトシティ 持続可能な社会の都市像を求めて
海道清信 著
欧米の政策と論争の紹介と、日本型への提案
人と街を大切にするドイツのまちづくり 品切れ
春日井道彦 著
車社会との共存を探り、都心再生に取り組む
サステイナブル・コミュニティ 持続可能な都市のあり方を求めて 品切れ
川村健一・小門裕幸 著
永続可能な構造を持つ新しい町づくりの方途